2019年10月12日土曜日

みんなの作品60




みんなの作品60。

My student's work at my kimono  remake's class in Japan.

型紙いらずの着物リメイク 1枚の着物でセットアップ
著 松下純子
河出書房新社 より




ウエストの両再度に糸ループをつけて、
リボンを通せるように。
アクセントになりましたね!


使用した生地は、袷の着物、正絹。
生地幅が、洗って少し縮みましたが、
細身の彼女には丁度よかったですね。
チューリップのようなお花の刺繍があって、
かわいい。

2019年10月8日火曜日

みんなの作品59







みんなの作品59。

My student's work at my kimono  remake's class in Japan.

型紙いらずの着物リメイク チュニック&ワンピース
著 松下純子
河出書房新社 より





使用した着物は、羽織、縮緬。
着物の幅4枚を縫い合わせ、
袖口にギャザーをよせてカフスをつけ、
すそにゆるくゴムを入れる。
裁断も、作るのもシンプル!

丈は、お好みで短くしたり、長くしたり
一枚作ったら、いろいろアレンジ
してみてほしい一品です。



2019年6月6日木曜日

NHK 『すてきにハンドメイド』出演のお知らせ


 テレビの放送は、今晩です。
NHK Eテレ 6月6日(木) 21:30~21:54
http://www4.nhk.or.jp/handmade/

今回は、きものリメイク、ではなくて、
直線縫いでつくるエプロンです!
男女兼用。
番組の中では、こども用のエプロン
についてもお話しています。




いま改装中の自宅の様子や、
わたしの家族もちらりと登場します。



作品のデザインはもちろんですが、
作り方を教えるわたしとしては、
作るプロセスのデザインにも、
力を入れています。

どうすれば間違わずに縫えるか、
どうすれば簡単にできるか、
どうすれば、縫ってて面白いか!

番組の中での作り方の説明のところは、
まるで自分が縫っているかのように、
想像しながら、耳をかたむけてみて下さいね。

もちろん、テキストでも、
そのプロセスの面白さは伝わるかと思うので、
よかったらお手にとってみて下さいね。

テキストの、
『すてきにハンドメイド』6月号は、
書店、コンビニでも発売中!

2017年4月13日木曜日

Eテレ『すてきにハンドメイド』出演のお知らせ



本日、Eテレ『すてきにハンドメイド』に出演しています。
今回は、きもの地ではなく洋服地や、エスニックなベッドカバーの生地をつかって、
まっすぐ切ってまっすぐ縫うだけで、かんたんなパンツを作っていきます。

番組では、男性2人(夫と友人 笑)にも、このパンツを作ってもらいました。
さて、完成できたのか?
は、番組を観てのお楽しみです。

大阪のアトリエで、今回のパンツを作るワークショップも開催します。
よーし!わたしも作ってみようと思う方!
ぜひお申込み下さいね。




★ワークショップ
すてきにハンドメイド 4月号で紹介したパンツを、自分のサイズで作ります。
サイズに合わせて裁断、ロックミシンをかけ、
手縫いの場合と、ミシンの場合の縫い方などを説明し、 デモンストレーションしていきます。
とき 4月28日(金)、29日(土) 10:00ー12:30
  
ところ Rojiroom(ロジルーム)大阪府大阪市中央区谷町7-6-33

費用 3500円(税込み、お茶とおやつ代込み)  
材料 2000円~3500円(ダンガリーやデニム地など、いくつかある中で選んで頂けます。) 
定員 各7名
問い合わせ 申し込み こちらから 

2016年10月5日水曜日

10月期のはじまり。



さあて、10月になりましたね。

きものリメイク教室の10月期は、
NHKカルチャー梅田教室からスタートしました。

教室の日程はこちらから
http://w-a-robe.com/?mode=f11





教室に行くと、9月に発売した
型紙いらずの着物リメイク はおりもの』河出書房新社の本も
みんな早速買ってくれて、作って、着てきてくれた方も!!!

嬉しいです。




本で紹介しているデザインは、タイトルの通り型紙を使うものではないので、
生地幅を生かして無駄なく、いろんなサイズの方に着こなしてもらえて、かんたん。
に、こだわって作っています。

それは、あくまでも、わたしが考えるひとつのかたちなので、
教室では、それぞれ作るひとの個性に合わせて、アレンジしていきます。
それが、教室のまた楽しいところ。
着るひとありきの服ですからねー。

本をみて作る方は、まずはそのまま作ってもらって、慣れてきたら、自分らしい服作りをそこから広げていってほしいなと思います。


撮影の風景。


撮影終了後に、今回のモデルさん、Sakura Maya Michiki ちゃんと。
すてきに着こなしてくれました!

2016年6月23日木曜日

第5回余り布交換会 2日目


2日目のお楽しみは、大阪のお茶屋さん、「島之内たに川さん」のお茶屋サロンでした。
お茶屋さんは、未知の世界ということで、もう大人気で、定員ちょっとオーバーしていましたが、
無理を聞いて下さいました。若主人の谷川恵さん、ありがとうございました。

さて、こんな人数を目の前にしても、さすが若主人、動じません。
わかりやすく、おもしろく、お茶屋さんのことを話してくれました。



芸妓さんの裾引きの衣装体験。
着付け体験のじゃんけんに勝ったY・Hさん。
襦袢、きれいな赤でした!


2人がかりで着つけます。


帯は、男性の帯のように、低い位置で巻きます。
着ていて意外と楽なんですって!


バッグを持って、すそさばきも教えてもらいました。


美しいかんざしや櫛が、机いっぱいに。
みんなうっとり。



季節の主菓子とお茶でわいわい。


さーて。
お待ちかねの余り布交換会。
まずは品定め。


まるで競り市。笑

この着物地なら、○○とか、○○が作れるかなー。
これは、正絹。これはウール。
などと説明しながら、どんどんみんなで持ち寄った着物や余り布はなくなっていきます。

教室のみなさんの作品は、
6月24日(金)、25日(土)とRojiroomでみることができます。

ぜひこの機会にご覧下さいね。




第5回余り布交換会 1日目


1日目の交換会のお楽しみは、「おおさかのぼりくだり」をテーマに、松下岳生氏によるまち歩きでした。

この日、朝から、本の取材の方が来てくださっていて、
教室の生徒さんの服のコーディネートや、交換会の様子など、
カメラマンの方が、パシャパシャ撮ってくれていたので、すっかりわたしも撮った気分になっていたのですが、、、。

ぜんぜん撮れてませんでしたねー。笑

10月に発売予定の本に掲載される予定ですので、
それをどうぞお楽しみに。

Rojiroomを出発して、空堀商店街へ。


熊野かいどう。


三光神社。


真田幸村。


抜け穴。

Rojiroomから真田幸村ゆかりの場所をめぐったあとは、電車で、天神橋筋商店街に移動したところで、

「ビールが飲みたい!」

のひと言が。笑。
暑かったですからねー。

天満天神繁昌亭のすぐ近くの、コーヒーとビールが飲めるお店で、ひと休み。

中之島公園で水辺も堪能したところでタイムアップ。

参加いただいたみなさまおつかれさまでした。